週間少年マガジンで連載中の「ハイキュー」

最新話となる369話のネタバレと感想を書きました。

2019年10月12日発売の46号に掲載されてた内容となります。

 

 

『ハイキュー』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません

 

 

スポンサーリンク




ハイキュー【369話】最新話のネタバレ!

 

 

 

369話「飯と筋肉」

 

試合が終わり会場を去る烏野高校の一同。
西谷が最後のプレーを自分の責任だと思ているのではないかと東峰に質問します。

 

 

答を聞いて最後のプレーの責任を感じると笑いながら言う西谷。
一方月島の足を心配する澤村。

 

 

彼は月島のブロックがなければ全国に行けなかったと感謝の言葉を贈ります。
そんな月島は鴎台との試合の録画を見たがっていました。

 

 

月島のその言葉を聞いて喜ぶ沢村でしたが、例えが悪かったせいで困った顔の月島。
その後、沢村は今回の結果は完敗だというのでした。

 

 

何かを言いたそうな顔をしている影山。

 

 

そんな彼の口から出たひと言、「この烏野でもっと上へ行きたかったです」という言葉を聞いて驚く一同。

 

 

特に菅原はその言葉を影山から聞けたことに泣きながら喜びます。
そして、沢村が武田先生のもとに駆け寄り、先生に感謝の言葉を贈ります。

 

 

先生も選手たちに一言告げるのでした。
会場を後にして宿舎に戻った一同。

 

 

ベランダで話していた菅原は試合が終わった直後に誰も謝らなかったことに安堵していました。
食事の時間になり日向のもとにご飯を持っていた鵜養。

 

 

寝込んでいた日向はにおいに気が付き目を覚まします。
熱で倒れた日向にいろいろ言いますが、倒れたことを否定する言葉はありませんでした。

 

最後に、飯の大事さを知っているから筋肉をつけようという鵜養。
そして、日向は食事を始めるのでした。

 

 

それと同じタイミングで他のメンバーも食事していました。
一人別室で食事をする日向。

 

 

そんな彼は泣きながら食べていました。
鵜養が去った直後日向のもとに一部のメンバーが駆け付けるのでした。

 

時は流れて3月になります。
卒業式で2年と話す沢村。

 

 

最後は縁下のありがとうございますと卒業する先輩たちに言うのでした。
その後、部活を始めるため体育館に向かいます。

 

 

部活中の陰声が響き渡る中、マネージャーの谷地が活動日誌を閉じるのでした。
さらに時が数年たちます。

 

舞台はブラジル。

 

 

一人の男性が紙袋を受け取ります。
そんな彼は自転車乗って街中を駆けていくのでした。

 

『ハイキュー』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません

 

 

ハイキュー【369話】最新話のネタバレ!

 

このまま、日向たちが進級して新シリーズと思っていましたが、突然舞台がブラジルになったのでどういう次回以降どういう展開になるのかが楽しみです。

 

自転車に乗っていたのは間違いなく日向だと思いますが、バレー目的だとは思いますがブラジルにいる理由が早く知りたいです。

 

何度か読み直して感じましたが、今までが高校生編で次回から新章だとすると、今回の最後で活動日誌を閉じた描写がありました。

これは高校生編はこれで終わりで次からは新展開だという印象を強く受けました。