週間少年マガジンで連載中の「ハイキュー」

最新話となる348話のネタバレと感想を書きました。

2019年5月13日発売の24号に掲載されてた内容となります。

 

 

『ハイキュー』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません

 

 

スポンサーリンク




ハイキュー【348話】最新話のネタバレ!

 

 

 

348話「攻略の攻略」

 

 

まずはカラー表紙。

 

ジャンプした日向が上がったボールを見据えているワンショットでした。
煽り言葉は「球(ボール)がふわりと浮いて 時が止まった気がしたー」

 

 

さらにカラー記事が見開きで続きます。

 

 

ハイキュー!!のあらゆる情報を最速発信!!コーナーリニューアル
ハイキュー!!新生烏野プロジェクト

 

 

最新ニュース1は「ハイキュー!!」新スピンオフ漫画がジャンプ+で連載決定!!
タイトルは「ハイキュー部!!」作画は宮島京平先生。

 

 

最新ニュース2はハイキュー!!×インターハイコラボが決定!!
2017年・2018年に引き続いて今年もコラボが決定したそうです。

 

 

最新ニュース3はハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」2019年秋新作公演決定!!
烏野メンバーのキャスト紹介の写真が載っていました。

 

・・・・・・えっ、一人足りないよ?

 

 

次のページもカラーで、最新ニュース4件目が発表されていました。

 

 

 

最新ニュース4テレビアニメ新シリーズキックオフイベント

追加出演キャスト発表!!
そしてコンビニとのコラボの記事も載っていました。

 

 

全て、ファンの人には嬉しいニュースですね。

 

 

さて、白黒ページになって本編です。

 

 

最初のページに書かれている編集さんの言葉は”筋弛緩サーブッ!!”

 

 

旭さんのサーブから始まります。
前衛は日向影山田中。

 

 

轟音を立てながら放たれたサーブはリベロの真正面で激しい音を立てながらレシーブされました。
セッター位置にボールは返り、三人が攻撃に飛び出します。

 

 

 

攻撃を見つめる日向。
鴎台セッター諏訪のセットは野沢。

 

 

日向は斜め飛びするも間に合わずブロックは影山の一枚。得点を取られてしまう。
「ナイスキーナイスキー出ー!!」

 

 

点差は0になり両校5点。
弧爪「翔陽もかなりブロック理性的になったけど さすがにまだツッキーには及ばないねー」

 

 

一方の烏野側も
月島「甘いね」

 

山口がすかさず「烏野(コッチ)の失点だよツッキー!」とツッコミを入れます。
縁下「いやー真ん中とライトからあの2人突っ込んできたらそっち警戒しちゃうよねー」

 

 

 

烏養コーチは複雑そうな表情を浮かべています。
(いつものローテなら月島と影山の高くて上手い2人が隣合う。

 

 

この2人が前衛に揃っていることで救われたことは数知れず
でも これは選択

鴎台の胸壁を切り開くという選択)

 

 

 

チャンスボールからの日向のブロードが昼神の横を抜けて決まります。

「いいぞいいぞ翔陽」

 

「ア”イ”ーッ!!」

 

 

「押せ押せ翔陽もう一本!」

 

 

 

実況放送中の滝ノ上電器店前で応援中の2人も「うおおお!!」と雄たけびをあげます。

 

 

烏野6VS鴎台5

 

 

「ニャロ〜」と悔しそうな顔を見せる昼神と神林が交代。
ローテーションが回り、烏野7VS鴎台6

 

 

影山のサーブ。
強めのジャンプサーブはまたもリベロ正面。

 

 

上林「スマン長いっ」
セッターがジャンプトスを上げようとすると後衛から星海が走り込んできます。

 

諏訪(短いか・・・!)

烏野のブロックは月島・澤村の2枚。
星海の瞳には手のひらが映ります。

 

 

月島の手にうまく当ててブロックアウト。
田中「ダアッ」

 

 

客席で観戦中の黒尾「ハアーッ」
黒尾の表情にもイラつきが見えます。

 

 

実況「またも星海の技アリブロックアウト!!」
星海「上手いブロックだから狙い易いぜ!!」

 

 

 

月島「どうも。」

 

 

すっごいイラっとした疲れ切った表情を浮かべています。

 

 

月島兄「ぬぅ・・・!」
そして自分のことのように悔しそうな兄です。

 

 

 

 

点は進み烏野9VS鴎台9

 

 

サーブは鴎台セッター諏訪。
客席で応援中の嶋田「鴎台のな〜こっから3人のサーブがな〜嫌なんだよな〜 強サーバー3連発な!」

 

 

諏訪(ジャンプフローターサーブ)→星海(スパイクサーブ)→昼神(ジャンプフローターサーブ)

 

 

 

諏訪のサーブの様子を見て、観戦中の伊達工業二口が何かに気付きます。

 

 

二口「ん?」

 

 

 

二口「鴎台 またブロックの配置変えてきやがったな ーー今度は」
二口「”リリース”」

 

 

 

諏訪のジャンプフローターをちょっと焦った様子で田中がレシーブ。思わずウッと息を呑む応援席の嶋田と滝ノ上。

 

 

鴎台からは「ナイスサーブ!」の声がかかります。

田中「スマン!」

 

影山「東峰さん」
東峰「レフト!」

 

日向「オープンッ」

 

 

ブロック2枚を相手にブロックアウトを決めて烏野の得点。

 

 

解説「後ろからの難しい球でしたが決めていきました東峰旭」

 

烏野10VS鴎台9

 

「リリース?」(おそらく伊達工業側の声。多分黄金川?)
作並「サイドのブロッカー一人だけ端っこに配置することだよ」

 

作並「相手のレフトかライトに強いスパイカーが居る時に 今の場合東峰さんだね マークを強化する為の配置だね」

 

 

実況「レシーブきれいに返って真ん中から昼神ー!」

二口「デディケート・シフト程じゃなくてもプレッシャーはかけられる 日向翔陽が引っ掻き回そうが あくまでも標的はエースですよってアピールか」

 

星海のサーブを見つめながら「一本で切れ〜一本で切れ〜」と念ずる嶋田と滝ノ上。

 

サーブは澤村がレシーブし、烏野応援側からは「カバー!!」の声が上がる。
影山「西谷さん!」

 

日向「オープンッ」
澤村「頼む」

 

西谷「ーー旭」
西谷「さんっ」

 

 

実況「レシーブ乱れたが東峰 既に助走に入っている!セッター以外のセットからも多彩な攻撃ー」
東峰(正面の壁を 注視しすぎた)

 

昼神にブロックされドシャットを食らってしまう。

実況「ああ〜っとしかしシャットアウトー!! 強力なサーブで乱し高い壁で仕留める 鴎台のサーブ&ブロックー!!」

 

鴎台の監督は拍手で選手を褒めています。
「イイジャンイイジャーン! サーブ良ければ すべて良し!!」

 

相手コート側を真剣な表情で見つめる日向と影山。

 

さらにその二人をじっと見つめる鴎台メンバー。
(烏野の攻撃強化装置 日向翔陽を機能させるな)

 

 

編集煽り文”直接止めるだけが盾じゃない!!”

 

『ハイキュー』最新刊を無料で読めるサイトは・・ここ

※:サイトに初回登録時600円分のポイントを使用すれば無料で読めます。
注:1か月以内に解約すれば一切料金はかかりません

 

 

ハイキュー【348話】最新話のネタバレ!

 

最新ニュースの舞台キャストの件。

 

成田君がいないのはなぜか。 対戦相手がサーブアンドブロックの強い鴎台なので、伊達工業のメンバーがうまく解説役をつとめてくれているのがファンとしては嬉しかったです。

 

また、バレーボールの技術の説明がわかりやすいので読み進めやすかったです。

 

スポーツ漫画が敬遠される原因の「何してるんだかわからない」をうまく解消してもらえてるなーと思いました。

 

日向達の素早さも躱すこともうまく対応してくる「小さな巨人」率いる鴎台との試合はどちらが勝つのかますますわからなくなってきました。勝敗の行方が気になります。