住所不定で働くには?

ネットカフェに居ながらでも収入があるようにするための方法と
ネットカフェ難民で生活していくには最低いくらぐらい必要なのか?
住宅を借りた時とネットカフェで過ごすためにかかる必要な経費金額を比較しました。

 

ネットカフェ難民になった理由

みなさんそれぞれ、たくさんの理由があると思います。

仕事がなくなって、家賃が払えなくなった
上京してきたはいいが仕事が見つからず避難している

 

日本テレビで報道されていたネットカフェ難民になる理由は

・低学歴により職につけなかった。
・親や配偶者からのDV被害から逃げるため。
・失業(派遣切り)により、家賃などの生活費の支払いが困難になった。
・加齢と共に就労が難しいため。

 

カフェ難民になった一番多い理由は
「仕事を辞めて家賃を払えなくなった」ことを挙げています。

 

ネットカフェ難民の多くの人達は、
親や親戚、それに友達にも頼れない理由がそれぞれにあり

日々の生活の寝床としてネットカフェに一時的に身を寄せている状況です。



生きるために仕方なく日雇いの仕事などをしている方が多いと言います。
ただし日雇いの仕事というのは給料が低いので生活環境の改善までできない方が
大半ではないでしょうか

 

 

ネットカフェの滞在費

ざっとではありますがネットカフェに滞在費と
実際に部屋を借りたときの費用を比べてみます。

①滞在費

ネットカフェ: 深夜パック1000円前後・長期滞在(24時間利用など)2000円くらい

1000円×30日=30000円
2000円×30日=60000円

②食事

さすがにネカフェで自炊はできないので

安く済ませるにも200円~300円はかかりますよね。
カップめん・おにぎりなど、ネットカフェで食事となると300円~500円は必要になります。
1日2食としても500円は必ず必要になります。

500円×30日=15000円

実際にはもっと必要になるでしょう!
毎食インスタントとはいきませんしお弁当の購入や外食したら格安でも1食500円は必要になるので
食費は個人差がでてきますね。

③シャワー

ネットカフェのシャワーは無料で利用できるところも
ありますが100円程度で使える場所もあり
ネットカフェの場所によって変わってきますね。

④洗濯

さすがにネカフェで洗濯できる場所はなので
コインランドリーを利用するしかありません。

コインランドリーの洗濯代はマシンの容量によっても変わってきますが
1回(7kg~9kg容量)200円~400円、乾燥は10分100円

というのが全国平均です。

週に1回の洗濯するとしたら
ザックリですが

月4回×500円=2000円くらいは必要です。

実際には、洗濯をしてもネカフェで干すことはできないとでしょうから
そうなったら乾燥機を利用することになりますので

洗濯ものの量により乾燥機にかける時間が違うと思います。
プラス乾燥機代がもう少し掛かりそう。

⑤交通費

仕事に行く場合や買い物、最低限の交通移動だったとしても
歩いての移動はキツイでしょうから

往復の交通費が必要になります
片道200円としても往復で400円必要となります。

仕事に行く場合には会社から交通費が支給されていればこれは
あまり気にしなくていい固定費です。

だけど少しでも抑えたいですね。

⑥その他雑費

あとは消耗品や固定費ですね。

携帯代や洗剤にボディーソープなど
それに病院代、薬代も必要な時もあります。

娯楽費も少なくても必要ですよね
1ヶ月に5000円くらいの出費は考えておきくべきです。

⑦合計

ネットカフェで1ヶ月生活するには、

ネカフェ代 60000円
食費代   15000円以上
洗濯代    3000円
交通費 10000円
雑費     5000円

合計:   93000円

どんなに切り詰めてもこのくらいの費用は必要になります。

一方、部屋を賃貸したとして

ワンルーム:  家賃4万円~7万円くらい
光熱費:    6000円~エアコンの使用頻度により金額が跳ね上がりますね。
水道代:    3000円くらい
食事代:    15000円以上
交通費:    10000円くらい
雑費:   10000円くらい

合計: 8万5000円~

一見部屋を借りた方が安く見えますが
この値段の部屋だとかなり古くて厳しい部屋になるのは間違いないし

部屋を借りるには敷金、礼金それに
家電製品や備品をそろえるのに初期費用がかなり高くつきます。

今は、敷金、礼金のない部屋もありますが
まとまったお金も必要ですし保証人も用意しなくてはなりません。

実際には部屋を借りた方が出費は多くなるのは間違いありません。

どちらにも言えることですが
食事の内容により金額がかなり左右しますので
そのあたりは個人差がかなり出てきます。

 

 

ネットカフェ難民でも出来る仕事

ネットカフェで生活しているので

以前から使用していた銀行口座などがあればいいのですが

住所が無ければ銀行口座は作れませんし、運転免許も取れません
住民登録していなければ印鑑登録もできないので賃貸契約もできない場合が多いです。

住所がないとう事は日本で生活するうえでかなり不便な状況になっています。

それでも収入がなければ路上生活になってしまいますので
日払いの仕事をしている人が多くなっているのが現状でしょう。

どうしたらネカフェにいながら収入を増やし
人並みの生活に戻れるかを考えなければいけません

幸いネットカフェはインターネット環境が整っているので
ネットし放題、ゲーム・漫画に雑誌もネカフェに入れば見ることができるので

娯楽には不便市しない環境です。

ネカフェでできる仕事を考えてみた結果
いくつか住所がなくても収入を増やす方法がありました。

一つ目は

仕事募集サイトで仕事を探す
しかも寮を完備している職場なので
現在どこにいようが寮に入れさえすれば問題ないし

一度会社に入って寮生活でお金を貯める方法で
仕事がきつければ部屋を借りるのにお金をため住所は寮で生活しているので
寮が住所として活用できるので

社会復帰に一番の近道ではないと考えます。

寮付きの仕事をばかリを特集しているサイトは

↓こちら↓

《内容》

寮費無料等、お住まいを探している方にもメリットあり
◆おススメの提案の仕方◆
・『全員に採用お祝い金1万円』
・未経験歓迎で月収40万円を超えるお仕事も
・軽作業・ピッキング等のカンタンなお仕事多数
・寮はきれいなワンルームマンションが多数。無料のケースも
・寮付・寮費無料・家具家電付・入社祝い金・特別手当有・引越費負担・日払い・週払い等の特徴もあり

 

2つめ

給料振り込みに必要な銀行口座が必要ですが

ネット環境を利用して

 

ココナラというサイトで

「知識・スキル・経験」など、みんなの得意を気軽に売り買いできるスキルのフリーマーケットです。友達に聞かれたり、お願いされるような「あなたの得意」を簡単出品。恋愛の相談から本格占い、キャッチコピー・ロゴ・イラスト作成まで何でも売り買いできます。

特技や趣味をから収入に変えていくことができます

スキルのない人でも大丈夫です

 

愚痴聞き・話し相手
愚痴聞き・話し相手が必要な時はこちら。悩みや不安やモヤモヤを解消したい時、雑談や自慢話をしたい時、とにかく癒されたい時に。ココナラなら、あなたが選んだ相談者の方に、オンラインで気軽に相談できます。

愚痴聞き・話し相手をする方に回れば

面倒くさいかもしれませんが、話相手をするだけで
お金がもらうことができます。

知識など不要です
受け身なので、いつ応募があるかわかりませんが空いている時間で利用すれば
少しでも収入アップにつながります!

 

この他にもたくさんの募集がありますので
自分でできそうなこと事を出品してみてください。

 

↓ココナラに登録はこちら↓

 

3つめ

ココナラでもできるのですが
文章作成などをパソコンを利用してできる仕事です。

初心者でも、自分が書けそうな文章など選べるし

応募先によっては丁寧に教えてくれる依頼者もいますので
安心して応募できます。

 

一度サイトをのぞいてみて案件だけでも見てみるだけでも
損はないはず!

おすすめのサイトは

サポーターが徹底支援。キャリアサポートサービスの「クラウドテック」

空いた時間で在宅ワーク【Bizseek】


この2サイトで
私も利用しています。

 

まとめ

最後に、ネットカフェ難民の滞在費や
ネカフェ難民でもできる仕事を紹介しました。