自動車って所有しているだけで色々とお金がかかりますよね。
少しでも節約したくても中々できないのが現状だと思います

その中で維持費を少しでも抑えたい方は、
1年に一度ある自動車保険の見直しをおすすめしています

自動車保険の見直しをする際のポイントと
選び方や保険比較サイトの注意点を紹介していきます。

 

車の維持費って結構かかりますよね
もちろん車種によって毎月にかかる費用は変わってきます。

高級車・軽自動車にかかわらず車を所有していたら絶対にかかってるものに

  • 税金
  • ガソリン代
  • 保険
  • 車検
  • 駐車代
  • 車のローン
  • 雑費(パーツ代)

ざっと上げただけでも8つあります。

 

税金や車検代、ローンは決まった金額でなかなか
節約するのは難しです。

簡単に節約するには、車に乗らないことで
ガソリン代を引く抑えるのが手っ取り早いですが

せっかく車があるのに乗らないのもちょっと・・・
ですよね。

 

税金を安くするには、税金の安い車に乗り換えるしかありません
それは生活スタイルによって難しい人の方が多いと思います。

 

ちょっとでも車を安く維持するための節約方法の一つ
自動車保険があります。

 

車の保険は1年ごとに見直すことが出来
人によっては年間に50000円も変わる人がいます

車の保険を見直す時期が来たら
現在の保険と見比べて見るのをおすすめします。

50000万円も違ったら、
家族で旅行に行ったり好きな物も購入できますよね。

 

自動車保険を安くするキーワードに

「年間走行距離」
「年齢」

を正しく申告することで
保険料の節約になる可能性があります。

 

自動車保険を見直すタイミングは?

 

自動車保険を見直すタイミングには
どのような場合があるか例を4つ挙げていきます!

1.年齢が変わった

まず、忘れがちになりやすいのが年齢です。

自動車保険の契約者の年齢によって保険料が違い

免許の取り立てのような若者が高く、
運転経験のある年配者がやはり安くなっています。

 

自動車保険の見直し年齢は

  • 21歳以上補償
  • 26歳以上補償
  • 30歳以上補償
  • 35歳以上補償

というように年齢によって補償が変わってきます。

30歳以上になると車の運転で事故が少なる年齢になので
20代の時と比べるとかなり違ってきます。

 

この見直し年齢の
20歳以上、26歳以上、30歳以上、35歳以上になったら

自動車保険の料金が下がりますので
保険の更新時には契約書などを確認し見直しをしましょう!

 

2.免許がゴールド免許になった

ゴールド免許、無事故無違反で優良運転者

やっぱりゴールド免許の方が
車を運転する者にとってちょっと誇らしいですよね。

 

ゴールド免許とは

免許更新時にその基準日から過去5年間、無事故無違反であり、かつ重大違反教唆幇助・道路外致死傷をしたことがない「優良運転者」に与えられる運転免許証です。ゴールド免許を持つことができる優良運転者とされたら、免許更新時の講習時間が短く、講習手数料も安くなるというメリットがあります。

 

ゴールド免許を所持していることは
無事故の証拠なので、当然自動車保険も安くなります!

 

自己満足のゴールデン免許だけではなく
保険でメリットもあって嬉しいですね。

 

ゴールド免許の
割引率は保険会社によって違っています。

割引が多い会社で最大約19%ぐらいあり
普通の青い免許と比べると保険料の差が明白に現れます。

 

参考

SBI損保の場合

ゴールド免許の場合ブルー免許の場合
29,880円36,980円

ゴールド免許と通常のブルー免許では約7000円もの差額が出ています。

7000円大きいですね!

これだけでもゴールド免許になった
価値がでてきますね

ちなみに保険契約期間中にゴールド免許になっても
次の更新時期にならないと変更はできませんので注意してください。

 

 

3.車を運転する人数が変わった

 ファミリーで車をシェアーしている人が対象で
ご家族で1台の車を使用して

 

子供が実家を離れ独立などをした場合に
運転する人が変更になったときは
保険を見直しましょう。

 

先ほど1番目に紹介した方法に近いのですが
車を運転する最低年齢が上がれば保険を安くするチャンスです。

 

 

4.車を買い換えた

普通車からハイブリット車、電気自動車などに乗り換えたなど
安全機能が豊富な車は税金や保険料も違ってきます。

 

車の車種によって保険違うのはご存知でしょうか?

 

事故の多い車種は当然高くなり、少ない車種は安くなります。
それに車の安全機能によって税金もかわってきますよね。

 

トヨタのプリウスはハイブリット車で

安全性もとても高くて有名な車ですが、

 

その安全性を考慮して年配の方の購入が目立ちます。

 

年配者は、やはり注意力の低下から事故を起こすことが多くなり
人気車種のプリウスも事故が多い車両となってしまい
年間の保険料が高くなっています。

 

なので車の買い替えには保険の金額も
考えながら車選びをしましょう。

 

自動車保険の見直しのポイント

 

自動車保険を見直すタイミングは

「保険料を節約したいとき」
「自動車保険の加入条件が変更となるとき」

の2種類があります。

 

もう少し細かくしてみましょう。

自動車保険をダイレクト型損保へ

 

ダイレクト型損保とは
ダイレクト=直接保険屋さんと契約をすることを意味します。

インターネットを通じて保険を販売しているのが有名です
大半の人がテレビCMなどで目にしているはず。

 

<メリット>

保険料が安くて、インターネットからなので手続きが簡単
パソコンやスマートフォンから簡単にご契約できる

通常の手続きを踏んで自動車保険の契約すると
保険の窓口(代理店)でなどに申し込みをし支社や支店に行かなくていい

 

<デメリット>

パソコン・スマホの操作が苦手な人には大変かも
いざ事故をした時に、ちゃんと対応してくれるのかが心配になりますよ。

 

 

車両保険

自動車保険の車両保険は、
自分の所有している車への補償で、

車をぶつけた・ぶつけらたなどの事故で所有の車が故障したときに
保険で修理代を賄ってくれる保険になります。

 

車種によって金額がやはり違ってきます。

一般タイプエコノミータイプ車両保険なし
軽自動車60,270円47,650円31,440円
コンパクトカー72,580円53,300円37,780円
セダン93,590円62,500円37,890円
ミニバン81,270円55,240円34,590円
ワゴン101,500円75,200円38,590円
スポーツカー112,000円98,200円79,800円


スピードの出るスポーツカータイプはやっぱり高くなっています。
表を見ていただけたらわかると思いますが
車の種類によっても保険料が変わってきます。

車両保険を付ないと通常の一般タイプの金額と2倍近い差額がでています。

 

エコノミータイプは、契約内容を必要なものだけに絞り保険料を抑えたタイプの保険になりますので
保険料を安くしたい場合には見当をされた方がいいと思います。

 

新車で購入して数年乗って車両保険を外したりと
自動車保険の見直ししやすいのが車両保険です。

 

「一般」の場合の補償範囲

① 他の自動車との衝突や接触
② 火災・爆発
③ 盗難
④ 台風・竜巻・洪水・高潮
⑤ 落書き・いたずら・窓ガラスの破損
⑥ 物の飛来・落下による損傷
⑦ 電柱・ガードレール・建物等、自動車以外の物との衝突や接触
⑧ 転覆・墜落
⑨ あて逃げ

 

この中から補償内容を絞ったのが
エコノミータイプの保険になります。

 

年齢条件

先ほどから書いてきましたが
運転するドライバーの年齢を制限することによって
保険の料金が安くなるという「年齢条件」です。

どうして年齢によって保険料金が違いがでるかというと

過去の事故を起こしたデータを元に
若い人のほうが事故発生率が高いという統計結果が出ているためです。

「条件なし」が一番保険料が高く
「35歳以上」が一番やすくなります。

 

年齢条件を変更するタイミングは、

「20歳以上」
「26歳以上」
「30歳以上」
「35歳以上」

になったら自動車保険を見直しを考えましょう。

 

 

運転者限定の見直し

車を運転する人を限定することによって特約を付けることができます。

特約の中には

  • 本人限定
  • 本人・配偶者限定
  • 家族限定

などがあり

家族構成や運転するドライバーの
年齢によって条件が変わってきます。

 

年間走行距離

自動車保険会社によっては
車の走行距離によっても保険金額が違うプランがあります。

 

CMで聞いたことのあるフレーズで

「走行距離が少ない人ほど安くなる」
「保険料は走った分だけでOK」

 

買い物程度でしか車を使用しない人にとって
ありがたいプランです。

 

年間の走行距離が短い=事故リスクが低い=保険料が安い
年間の走行距離が長い=事故リスクが高い=保険料が高い

 

自動車の走行距離により保険金額が違う会社を
ピックアップして見比べ表にしてみました。

 

 

自動車保険「走行距離」比較

ソニー損保チューリッヒアクサダイレクト
 3,000km以下3,000km以下5,000km以下
 5,000km以下5,000km以下10,000km以下
7,000km以下10,000km以下10,000km以上
9,000km以下15,000km以下
11,000km以下15,000km以上
16,000km以下
 無制限
アメリカンホームそんぽ24○○保険
5,000km以下4,000km以下
10,000km以下8,000km以下
15,000km以下12,000km以下
15,000km以上16,000km以下
16,000km以上

 

自動車保険の会社によって走行距離に基準が違っています。

ソニー損保さんは、かなり細かく分かれたプランがあるので
自分の生活スタイルに合わせて選びやすくなっています。

 

今回紹介した保険屋さん以外も取り扱っている会社もあるので
保険見直しの際は検討してみるといいと思います。

車の使用目的によって保険の違い

自動車の使い方によっても保険の金額が変わってきます。

使用目的には

  • 「業務用」
  • 「通勤通学」
  • 「日常レジャー」

の3つに分かれています。

 

車を業務用として使用

車を業務目的、仕事で使う場合、
運転時間や走行距離が長くなるので

当然、事故に合う場面も高くなり保険料も3つの中で一番高額になります。

 

車で通勤・通学に使用

仕事場・学校に通うために車を使用、
交通機関が整備されていない町では車で通勤など一般的ですね。

 

業務で使用するよりも事故にあうリスクは少なくなるので
業務用の車両と比較すると安くなっています。

 

 

日常レジャー

3つの中で最も保険料金がやすい
日常レジャー目的で車を所有している場合

日常・レジャーですから
買い物や出かけるときに使用する程度になるため

毎日車に乗る、業務用車両・通勤用の車と比べると
走行距離もグ~ンと少なくなる為、事故リスクも低いので

一番安い保険料金となっています。




はたらくクルマの自動車保険

自動車保険の特約

自動車保険の代表的な特約は以下のとおり

  • 弁護士特約
    車で事故を起こした時に、相手との交渉に弁護士を
    依頼するときにかかる相談費用や弁護士費用を補償する
  • 個人賠償責任特約
    他人の物を壊した・自転車でケガをさせたなど、
    法律上の賠償責任を負ってしまったときに相手の修理費や治療費を補償する
  • 人身傷害車外担保特約
    歩行中や自転車運転中、他人の車に搭乗中など、
    契約自動車の車外で起きた自動車事故でケガをしたときの治療費を補償する
  • ファミリーバイク特約
    125cc以下の原付バイクを運転中に事故を起こしたときに、
    相手の修理費や治療費に加えてバイクの運転手の治療費を補償する
  • 対物超過修理費特約
    相手の車が古い場合、修理費が時価額を上回ってしまうことがあるが、
    対物賠償では時価額までしか補償されない。この特約を付けていれば、時価額を上回った分の
    修理費に事故の責任割合を乗じた額を補償される

 

これらはの補償内容は、車を複数お持ちの場合は
1台の車につけておけば家族全部の車が保証対象となるため

 

もし重複して特約の契約があるときは
解約することで保険料を下げることができます。

 

自動車保険の一般的な割引制度

 

自動車保険での割引になる制度をまとめてみました。

エコカー割引契約車がハイブリッドカーや電気自動車、天然ガス自動車など環境に優しいエコカーの場合に受けられる割引。保険会社によって、割引の対象車種が異なるので注意。
新車割引契約車が新車の場合に受けられる割引。「新車」の定義は保険会社によって多少の違いがあるが、初年度登録年月(初度検査年月)から25カ月以内の場合が多い。
セカンドカー割引2台目以降の自動車で自動車保険に加入する際、新規で加入するより割引率の高い等級からスタートできるもの。1台目の契約車両が11等級以上であれば、2台目は通常の6等級ではなく7等級からとなるのが一般的。
ゴールド免許割引記名被保険者がゴールド免許所有者の場合に受けられる割引。ゴールド免許を取得すれば自動的に保険料が安くなるのではなく、手続きが必要なので注意。
早期契約割引保険開始日の一定期間以上前に契約をすると受けられる割引。保険会社によっては、継続の場合も満期日より早めに継続の申込みをすれば、割引の対象になる。割引率は、30日前、45日前、50日前など、契約開始日からの日数によって異なる場合がある。
インターネット割引インターネットで自動車保険の加入申込みを行うことで受けられる割引。新規契約の場合と継続契約の場合で割引率が異なることが多い。新規契約では、年間1万円近く安くなる場合も。
証券不発行割引保険証券の発行を省略すると受けられる割引。500円程度の割引が一般的。

 

この表を見て保険の見直しの際には参考にしてください。

 

 

保険の見直しに便利な「自動車保険一括見積もりサービス」

 

自動車保険を見直す際には
ダイレクト型損保で「自動車保険一括見積もりサービス」を利用して
保険料の見直しを一度に複数の保険会社から見積がとれるのでとても便利です!

SBIホールディングス株式会社
無料の自動車保険一括見積もりサービス


インターンネットを使って5分くらいで複数の保険会社から見積が一度にとれ
直ぐに保険料や補償内容、サービスを間単に比較がきるので

ご自身の保険内容を見比べることが出来、一度に複数の会社の見積もりがくるので
時間の短縮にもなります。

いろいろな保険会社に電話や資料集め、ホームページでの確認など
複数の会社に見積もりを取るとなるとかなりの時間が必要ですし
資料を見比べるのも一苦労ですよね。

 

 

自動車保険一括見積もりサービス」は

たったの3〜5分! で終了します!

見積もり結果がとにかく早い!

ウェブクルー

自動車保険一括見積はこちら

 

自動車一括見積サイトによって保険の取り扱している種類が違いますので
幾つか試してみる事をおすすめします。

 

 

「自動車保険一括見積り」事前に用意するもの

 

あなたの所有する車の情報(車種や年式、年間走行距離など)

新しくする際に車両保険の有無や損害賠償限度などを比べるために
現在の自動車保険の内容、補償内容がわかる書類など

ご自身の情報、メールアドレスや氏名・住所など

 

 

「自動車保険一括見積り」の注意点とは?

 

自動車保険一括見積もりサービス
とても便利ですが注意するところもあります。

パソコンやスマートフォンを使い
インターネット経由で申し込むダイレクト型は、代理店型よりも保険料が安いことが大きなメリットですが

たくさんの補償や特約もあるので
抑えておくポイントがあります。

 

「保険料だけで比較せず、入力した補償内容を確認するのが大事」

 

自動車保険を一括見積した後に
見積金額を見比べると各社に金額が違ってきます

金額だけでなく
ちゃんと内容も確認するようにしてください

ただ安いからと言う理由で契約してしまうと事故にあった後に
保証外の事故だったら後の祭りになってしまいます。

人心障害の補償や、対物賠償責任補償金額など
見積後にもしっかりとチェックしてから契約に進みましょう。

一括見積のシステムによっては、
特約条件などが自分で設定したもの金額ではなく

違う数字で見積もりが出てくる場合がありますので注意しましょう!
しっかりと補償内を確認です!

 

自動車一括見積サイトによって保険の取り扱している種類が違いますので
幾つか試してみる事をおすすめします。

 

自動車保険で重要な保険は?

自動車保険で重要な保険内容は

対人賠償責任保険」と「対物賠償責任保険

ぶつかった相手に対しての保険なので
この2つが最も大事な保険といえるでしょう。

その次に人身傷害補償

人身傷害補償は、契約車での事故、他人の車での事故、歩行中や自転車での事故が補償されます。
補償範囲が選べる保険もあります。

 

対人賠償責任保険と人身傷害保険は、ともに、「ケガ」等に対する損害を補償する保険ですが、補償の対象となる方などが異なります。 対人賠償責任保険では、相手の「ケガ」を補償するのに対し、人身傷害保険では、「ご契約自動車に搭乗されている方」の「ケガ」を、過失割合にかかわらず、保険金額を限度に実際の損害額を補償します。

 

自動車保険一括見積もりサービス」を利用するときは
フリーメールの「捨てアドレス」を利用する事をおすすめします。

保険の見積もりをしたことによりメールでの勧誘が来ることがありますので
そういった営業メールがウザイ方はフリーアドレスで登録をおすすめします。

 

その他の対処方法は
送られてきたメールの会社のメルマガ配信設定を解除しておくと

今後メールが来ることがないので
気になる方は解除しておきましょう。

 

SBIホールディングス株式会社
無料の自動車保険一括見積もりサービス

 

自動車保険一括見積もりサービスを利用された方の声

初めて車を購入

32歳 男性 神奈川県
平成22年式 トヨタ/プリウス

子供が出来たので自動車を購入し、ローンで購入したので月々の費用を安く抑えたいと思い今回利用しました。
ディーラーでは保険会社を選べなかったけど、インズウェブでは複数社から見積りが取れて、安い保険会社を選べました!ただ、保険会社との契約にあたっては、自分でしなければいけない事もありましたが、自分でやるだけ安くなると思い納得しました。
ディーラーに任せてるだけでは、安くはならなかったですね

現在の保険を見直し

48歳 男性 愛知県
平成16年式 日産/フーガ

友人から車にかかる費用が安くなるとインズウェブを教えてもらいました。
実際に使ってみたら、年間3万円程度安くなる見積りを出してきた保険会社があり、今まで何十年も払っていたお金が一体何だったのかと、怒りを通り越して呆れてしまいました。
安くなった分どこかに旅行に行こうと思います。ありがとうございました。

現在の保険を見直し

63歳 男性 千葉県
平成17年式 トヨタ/クラウン

退職を機会に試してみたら、保険料が驚くほど安くなりました。
いままで会社の団体で人任せで入っておりましたが、定年退職を機会に自動車保険の見直しをしてみようと考え、一括見積もりを利用しました。
これまであまり聞いたことがなかった、インターネット割引き、早期契約割引き、保険証券不発送割引きなどの割引も使え、保険料が驚くほど安くなりました!
それなりに自動車保険のことをわかっているつもりでしたが、新しい保険会社や新しい補償特約の見積もりも取り寄せることができ、見積もり比較をすることで今の自分に一番合った納得の自動車保険選びができました。

自動車保険に限らず、一括見積りする場合、個人的には参加している損保会社の数が多ければ良いという訳ではないと思う。基本的には大手を中心に自分が見積りたいと思っている自動車保険が参加しているかどうかが大事なのでは?見積りを取り過ぎるとDMが多くなり、しばらくうざい思いをするので、逆に見積もりを取り過ぎないことにもきちんとメリットはある。(35才・男・広告代理店)
ネットで見積もりをしたのですが使いやすかった。書き込む項目の数も説明もわかりやすかった。それぞれの保険会社からの見積もりも早くすぐに比較できてよかった。(37才・女・無職)

 

まとめ

自動車保険の見直しのポイントや
どうしたら車の維持費を安くできるかについて書いてきました。

 

自動車保険の一括見積をうまく利用して維持費を軽くできたらいいですね。

 

自動車一括見積サイトによって保険の取り扱している種類が違いますので
幾つか試してみる事をおすすめします。